満3才になったら入園できます
ひまわり幼稚園
午後7時までお預かりします

ひまわりだより(令和3年5月号)

1学期のはじまり

園長 伊藤 和子

 暖かったり寒かったり、朝夕と日中の気温差の厳しい毎日を迎えています。三寒四温の中、令和3年度のスタートとなり、4月7日の始業式には、在園の子ども達が新しい先生、新しいお友だちやお部屋に、少々戸惑いながらも一つ大きくなったお顔を見せて輝いておりました。そして9日の入園式には、小さいかわいいお友だちが元気に入園してまいりました。いよいよ令和3年度も全員揃ってのスタートとなりました。昨年はコロナ禍にあって例年と同じ様には活動が出来ませんでした。何をするのも感染拡大防止の為に工夫をしながらの日々でした。今年も同様にたくさん心配を抱えてのスタートですが、昨年の諸々の経験の中で学んで来た一つ一つを基に、昨年よりは前進出来るのではないかと期待を持っています。とにかく安全を第一に考えながら、子ども達がより楽しく意欲的に過ごすことが出来ますように努力してまいりますので今後共、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。まずは新しい環境の中で子ども達は、たくさんの神経を使って緊張しています。幼稚園から帰りましたら、まずはしっかり迎えて抱きしめてあげてください。たくさん誉めて安心をさせてあげてください。疲れは翌日に残さぬよう、早寝早起きを心掛け、朝食をしっかり摂り、時間の余裕を持って幼稚園に送り出してください。少しでも普段と様子が違うようでしたら、無理をせず休ませる等のご配慮をお願いいたします。お願い事を並べましたが、子ども達には大事なことばかりです。一日も早く幼稚園の生活に慣れて楽しい毎日となりますようにお互いに力を合わせてまいりましょう。地域の皆々様には今年も御指導御支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

お友達はできたかな?

理事長 伊藤 基

 令和3年度が、にぎやかにスタートしました。新型コロナウイルス対策のため2回に分けて開催した本園の入園式では、保護者様に見守られながら、126名の子どもたちと入園のお祝いをすることができました。本当におめでとうございます。そして、ありがとうございます。
 新入園のお友達は、はじめは泣いている子の姿も見かけましたが、徐々に幼稚園に慣れていく様子が見られます。園内を探検したり、お庭で遊んだり、周りの子のことを意識し始めたりと、非常に微笑ましく感じられます。たくさんお友達を作って、ひまわりでの生活を楽しんでください。
 本園では、特色ある教育活動に加えて、朝や放課後の預かり保育「ひまわりルーム」や、「ひまわりサマースクール」に代表される夏・冬・春の長期休み中の預かり保育など、子育てを支援する各種活動を行っております。保護者様のサポートとともに、子どもたちにとって楽しい時間となるよう取り組みますので、どうぞご活用ください。また、入園前のお子さんを対象とした「ひまわり親子スクール」や「ぴよぴよクラブ」は、今年もたくさんの方々にご参加いただき、いよいよ5月から始まります。充実した時間となるよう工夫を重ねてまいります。
 終わりに、今年のゴールデンウィークはお出かけはしづらいと思いますが、大切なご家族でのふれあいの時間として、ぜひ有意義にお過ごしください。よく遊び、よく休んで、元気に5月を過ごしましょう。

 

5月の保育

主任 柴田 玲恵子

 今年は桜もつつじも開花が早く、新緑もかけ足でやって来た感じがしています。元気いっぱい新入園児を迎えて始まった園生活、「ママに会いたいよー」「お家に帰りたいー」と泣いている子の手をつないであげたり、声をかけてあげている進級児の姿が見られています。新しい生活の中で一人ひとりの子どもは一生懸命頑張っています。少しずつ生活リズムも安定し、好きな遊びを見つけたり友だちとの関わりも少しずつ生まれ笑顔が増えてきます。“幼稚園は楽しいな”“お友だちと一緒はうれしいな”と感じてもらえるように毎日を作っていきます。ひまわりフェスティバルに向けて年長組が進めているおもちゃ作りを見学させてもらったり、交流も大事にしていきたいと思います。
 年少組では、幼稚園に来ることがわかり、先生と一緒に身の回りのことをやっていきながら安心して生活ができるようにします。自分のやりたい遊び、おままごとやブロック、そして園庭で追いかけっこ等々先生や友だちと楽しんでいきます。
 年中組は、新しいクラスの友だちとの関わりも作れるようになり、一緒に遊びを楽しめるようになります。自分の身の回りのことは自分でやろうとする気持が持て、周りの友だちに目を向け、一緒に当番活動等に取り組み、頑張っていきます。
 年長組は、一番大きいクラスである年長組になったという自覚を持ち、色々な事に取り組んでいきます。5mもある大きな鯉のぼりをクラスの仲間と協力し作り上げたことは大きな自信となります。ひまわりフェスティバルに向けても話し合いや廃材等を使っての工夫したおもちゃづくり等、自分たちで考えやり遂げていく達成感を味わっていきます。そして畑づくりにも取り組みます。
 新しい環境に慣れてくる時期ですが、疲れもでてくる時期です。そして友だちとの関わりでも自分の思うようにいかない事やけんかも生まれたりします。一つひとつ乗り越えていかれるように信頼関係を築いていきたいと思います。父母の皆様の御協力よろしくお願い致します。

 

>バックナンバーはこちら

 

 
ページトップ
前のページに戻る