満3才になったら入園できます
ひまわり幼稚園
午後7時までお預かりします

ひまわりだより(平成26年2月号)

自信の笑顔

園長 伊藤 和子

寒い毎日が続いています。子ども達は、1つ大きくなる、という期待と共に、活気ある毎日を過ごしています。先日のひまわりシアターでは、衣装等、たくさんの御協力をいただき、当日は大勢の皆様にお越しいただき、無事終了となりましたこと、心から御礼申し上げます。楽しみにしていたひまわりシアター、お友達と気持ちを合わせて、1つの作品に作り上げました。お互いに認め合い、譲り合い、助け合い、まとめ上げた作品でした。お休みの子どももいる中で練習をし、積み上げてきたものでした。何よりも、役を理解し、友だちと仲良く無理なく楽しく進めて、クラスの作品となりました。観ていただいて本当にありがとうございました。精一杯の出演に、ご家庭でも褒めていただけましたでしょうか。クラス集団としての集大成の1つ、大きな手応えと歓びが、また子ども達の自信となったことでしょう。このところインフルエンザやノロウイルスの集団での感染が報じられています。何よりも手荒いうがいそして換気等が、大事な予防の基本であることは申し上げるまでもありません。規則正しい生活リズムで早寝早起き、そして朝食をしっかり摂って、厳しい寒さの中でも元気に過ごしたいと思います。卒園進級までもうわずかとなりました。1人ひとりの残された幼稚園での大事な時間を大切にまとめて、より楽しく思い出に残る日々となりますように願っています。子ども達の笑顔は百万ドル以上の価値があります。この笑顔は自信の表れ、より大きな力に繫がっている筈です。大きく成長した子ども達です。春はもうそこまで来ています。子ども達の思いっきりの笑顔がこぼれる日も間近です。

 

本当の春がやってくる

理事長 伊藤 實

寒さの中にも、春の息吹が木の芽や蕾にもあらわれはじめているこの頃、皆様には益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
節分が過ぎて、暦の上では春になったと思ったら、数十年ぶりの大雪に見舞われた、今年の2月。子ども達は「ひまわりシアター」でそれぞれの役割を成し遂げるなど、充実した思いで日々を過ごしています。
平成25年度も残すところあと1ヶ月弱となりました。1年間の総まとめの時期を迎え、小学校へ、あるいはひとつ上の学年へ、それぞれステップアップのために、残された日々を大切に過ごしていって欲しいと思います。幼稚園で体験したさまざまなことは、必ずそれぞれの血や肉となると確信しています。
年長組さんは「卒園製作」にも取り組み始めました。今年はどんな作品が出来上がるのでしょう。完成する頃には本当の春、ぽかぽかした春がやってきます。その時が待ち遠しいような、さみしいような、そんな気持ちがしています。
今年度は幸いなことに、ノロウイルスやインフルエンザにかかった園児の数はそう多くなく、クラス閉鎖等もせずに済んでいます。しかしながらまだ油断は禁物、もうしばらくの間、手荒いうがいなど予防に努めましょう。ご家庭でのご協力を引き続きお願い致します。

 

3月の保育

主任 柴田 玲恵子

いよいよ3月、一年間の総まとめの大切な時を迎えます。初期の頃と比べると子ども達は心身共に大きく、たくましくなりました。大切な友だち・仲間達と共に笑い、泣き、励まし合いながら色々な事を頑張り、楽しさをいっぱい作り上げてきました。先日のひまわりシアターでもやり遂げられた喜びをかみしめている子ども達です。父母の皆様も御協力頂きありがとうございました。
3月は卒園、4月になったら入学、進級を迎えます。大きな期待をふくらませていく時期です。成長を見つめ、自信を持ち次はどんな事に挑戦していこうかと意欲的な毎日を作っていきたいと思います。
さくらんぼ組では、先生や友だちと色々なごっこ遊びを楽しんだり、外でおいかけっこ等体を動かして遊んでいきます。身の回りのことも少しずつ自分でやってみようという気持ちを大切に育てていきます。
年少組では、友だちとの遊びの中でやってみたい事が増えてきました。少しずつ声を掛け合って一緒に遊ぶ経験を増やしていきたいと思います。生活面でも自分の事は自分でやっていかれるよう鼻のかみ方やハンカチの使い方、たたみ方等知らせていきたいと思います。
年中組では、年長組から引き継いだ飼育の仕事を友だちと行い、園の仕事を任された喜びを感じ、畑では種いもの植え方、育て方を知り、初夏の頃に収穫できるという期待を持ち、年長になる喜びへとつなげていきます。友だちとの遊びもルールがわかり積極的に体をたくさん動かして遊んでいきます。
年長組では、卒園に向けて張り子のお面を作ったり、パネル画(エルマーのぼうけん)を仲間と協力して作りあげます。そして文集づくりや作品整理等をしながら、園生活を振り返ります。仲間との集団遊びを楽しみ絆を深め、卒園を迎えられるように1日1日を大切にしていきたいと思います。”年長さんありがとう、おめでとう”の気持ちを込めて、年中・少・さくらんぼでプレゼントやホールの装飾を作っていきます。
ひとりひとりの子ども達がひまわりパワー全開になるよう充実させていきたいと思います。父母の皆様と成長を喜び合えたらうれしく思います。一年間御協力ありがとうございました。

 

>> バックナンバーはコチラ

 
ページトップ
前のページに戻る